Workshop of Narrative of Narrative, Art of Art / 2017

P1010534

【自身の記憶や出来事を他者と交換する。そこから新たに想起される物語を、写真と小説にあらわす】

このワークショップでは、自分の過去から現在までを振り返るワークシートを元に、自分の【今までの人生】と【記憶に残る思い出】について語ります。彼等は、自分の人生を語ると共に他の参加者の人生を聞き、質問を投げかけます。その後1対1でより深い対話をし、他者と自己の経験や記憶から新たな《誰かの、誰でもないナラティブ》を創造し、展示しました。

 

第1段階:自己のナラティブの追求

・ワークシートを元に自分のナラティブの回想と追究
・ワークシートをまとめたものを発表
第2段階:他者のナラティブから新たなナラティブの創造

・1対1で対話をし、他者のナラティブを聞く
・他者のナラティブと自分のナラティブから新たなナラティブを作り出す。

(文章)他者と自分のナラティブに共通することなどから、新たな物語を書く。
(写真)創造した新たな物語に関する場面または、その風景の写真を一枚撮る。
※写真と文章とで新たなナラティブとしての作品を完成。