About a Chashitu

茶室について

茶室の美意識を今一度考えてみる。 茶室という空間では、人間の感覚を総動員してそれを体感する。

茶の味は味覚に訴え,茶碗は触覚に訴える。 香により臭覚を使い 、茶筅で混ぜる音を聴く。

そして、空間全体を目で確認する。まさに、人間が持つ五感を総動員して茶を楽しむ。

茶室は、明るさを求めない、どちらかと言えば少し暗いぐらいだ。

それは、視覚からの情報を制限して、他の感覚を増幅させる為であると思う。